愛車の売り方がわからない?中古車の正しい売却方法とは

Pocket

そろそろ新しい車に買い替えたいけど自動車の売却方法が良く分からなくて不安だな… そんなお悩みをお持ちの方は多いと思います。

 

基本的に車を売却する際は、多くの情報を集めることが重要となってくるんです。これは売却時だけでなく、新車や中古車を新しく買う時も同じことが言えます。

 

そんな時に強い味方となるのが、本サイトでご紹介している中古車査定サービスです。

 

車を高く売るためのポイント

 

まず最初に査定額を上げるためにできることは何なのか考えてみましょう。

 

それを知るために重要なのは、まず査定士が車のどこを見ているかをチェックしておくことです。

 

相手はプロなので、こちらが何も知らない状態ではとても勝ち目はありません。査定額を上げるためにもできるだけ情報を集めることが重要となります。

 

ではその、「査定士のチェックポイント」を詳しくチェックしてみましょう。

 

まず基本となるのは「車種」「グレード」「年式」「走行距離」です。これは皆さんが中古車を買う時もチェックするポイントなのではないでしょうか。

 

また、インテリアの色やボディの色なども重要な項目の一つです。

 

そして忘れてはならないのが、「車全体の状態」です。分かりやすい傷があればそれだけ査定額は下がってしまうと考えて良いでしょう。

 

外側の傷もそうですし、内装の傷や整備手帳の内容、事故歴の有無なども詳しく見られるポイントになります。

 

事故歴に関しては流石に今すぐなんとかできる物ではないですが、細かい傷などは普段からこまめに補修をすることで綺麗な状態を保つことができるはずです。

 

喫煙者の方々に注意して欲しいのが、車内にタバコのにおいやヤニが付いてしまっているケースです。これも査定額に影響します。

 

そして見落としやすいのがペットの臭いです。普段嗅ぎなれていると気づきにくいかもしれませんが、良くペットを車に乗せるという人は注意しておく必要があるでしょう。

 

車の臭いや汚れが気になるという方は、査定を行う前に一度全体をチェックしておくことをオススメします。

 

大まかなチェック項目は以上になります。

 

あとは各業者が独自に定めているチェックシートなどに沿って、査定士が一つ一つチェックを行っていきます。

 

そしてここで一つ気になるのが、「オプション」の取り扱いについてです。

 

実はこのオプションは、査定においてもっとも評価が分かれるポイントとなっています。メーカーオプションについては何も問題は無いのですが、純正でない物については注意が必要です。

 

純正のオプションは新車の製造工場で装着されるものであるため、査定においてはプラスになります。

 

また、純正品でない場合であっても、質の良いカーナビ、カーオーディオなどはマイナスとならず、逆に付加価値とされる場合も多いです。

 

しかし、どんなに高価なオプションが付いていたとしても、雑に配線が行われていたりする場合はマイナス査定にされてしまうこともあるので、車を売る前には一度自分で再点検しておいたほうが良いです。

 

また、ディーラーへ査定を依頼する際はエアロパーツやアルミホイールなどに関しては、基本的に純正品以外はマイナス要因になってしまうことが多いようです。

 

ですから、改造車の査定を行う場合は、専門店に持ち込んで査定してもらうことをオススメします。一般的なディーラーよりも高い見積もり額を提示してくれる可能性があります。

 

このようにオプションの面から見ても、業者によって細かい違いが出てくることが分かります。そのため、ここでも複数査定が有効になってくるのです。