中古車の査定に必要な書類は何?

Pocket

車を売却する際には、書類や印鑑が必要となります。

 

委任状、譲渡証明書なども必要書類に入りますが、こちらは業者が手配してくれることが多いです。しかし念のため、これらも合わせて確認しておくのが良いでしょう。

 

車の査定(売却)に必要な書類は?

 

実印

小型車・普通車は移転登録を行う必要があります。その手続きを行う際に、発行されてから3か月以内の印鑑証明書を用意する必要があります。

 

車を売却する顧客は、まず印鑑証明に登録された実印で、譲渡証明書・譲渡委任状に押印します。譲渡委任状については、買い取り店に移転登録を任せるため必要となります。

 

従って、手続きをする際には実印を用意しておく必要があります。

 

軽自動車については認印のみで良いため、実印は不要となります。

 

印鑑証明書

こちらは市区町村が発行する、実印の登録証書となります。発行日から3か月以内という有効期限があるため注意しましょう。

 

譲渡証明書、譲渡委任状で実印を使用するため、その実印の登録を証明するために必要なものとなります。

 

自動車検査証

自動車検査証(車検証)は車種を問わず売却時に必要となります。普通は車内に常に備えてある物ですから、特に問題ないかと思います。

 

しかしここで注意しておきたいのがローンの支払いが終わっていない場合です。

 

その場合、所有権が留保されているため所有者の名義が販売会社になっていることがありますから、手続きには若干手間がかかってしまいます。

 

 

自動車納税証明書

自動車納税証明書は、軽自動車税または自動車税が正しく収められていることを証明する書類です。新たに車検を取得する際にも必要となるものです。

この証明書にも有効期限があるため注意しましょう。もし紛失してしまった場合、各都道府県の事務所で再発行を行うことができます。

 

自賠責保険証

多くは自動車検査証と同じく車内に常に置いてあることが多いです。

この期限が過ぎていた場合、車を売却すること自体ができなくなってしまいます。紛失してしまった場合は保険会社に再発行してもらうことが可能です。

 

リサイクル券

自動車リサイクル法に基づき、車のリサイクル料金が支払われていることを証明する書類です。こちらも自賠責保険証などと同じく車内に保管されていることが多いです。

 

紛失してしまった場合は、自動車リサイクルシステムのWebサイトから「自動車リサイクル料金の預託状況」を印刷してください。これが、リサイクル券の代わりとなります。

 

以上が必要な書類ですが、自動車検査証に記載されている住所と印鑑登録証明書の住所が異なっている時は、住民票も添付します。

 

結婚をしたりして名字が違っている時にも住民票が必要です。買取り店などに愛車を売却することが決まった段階で、スタッフに必要な書類を問い合わせておきましょう。

 

そして愛車の価値は時間の経過に伴って低下していきますので、書類を揃えるのが遅れると、改めて査定をやり直すことになります。そうなれば査定額も下がってしまいますから、書類は迅速に揃えたいところです。

 

査定から代金振り込みまでの流れ

 

以前は査定後にすぐ査定額を提示することもありましたが、現在はその車両の人気度や市場流通価値なども合わせて改めて精査されるため、後日知らされることが多いようです。

 

その為、複数の業者に査定を行うことをオススメしています。

 

それぞれの業者からの見積もり書が揃ったら、もう一度各買い取り店にその結果を報告します。すると、査定額を上乗せしてくれるケースが多いからです。

 

その中で改めて自分にとって良い条件の業者を選び、車を売却するようにしましょう。

 

まず必要書類を用意

 

必用書類はいくつかありますから迅速に揃えるようにしましょう。

 

住民票などが必要なケースもありますが、自動車検査証(車検証)、自賠責保険証明書、自動車納税証明書は車内に保管されている場合が多いため、すぐ揃えることができるかと思います。

 

印鑑登録証明書については有効期限がありますので、あまり早くに取りすぎないように注意しましょう。

 

もしこれらの書類準備が大幅に遅れてしまうと、売れるタイミングを逃し車の査定額が下がってしまう危険性があります。そのため、印鑑登録証明書は業者が決まった時点で迅速に取得するようにしましょう。

 

代金振り込み

 

必要書類を業者に渡し、さらにローンの残債の支払い等も完了すると、残りの代金が銀行口座等に振り込まれます。

 

もしディーラーに売却した場合は新車の購入代金に割り当てられます。

 

代金の振り込みについては、いつ振り込まれるか、間違いなく振り込まれるかなど、不安になる方が多いかと思います。

 

ですから、売却してからの流れについては、しっかりと買い取り店のスタッフに事前に確認しておくのが良いでしょう。

 

買取店の信用度もチェックポイント

 

お金の絡む話ですから、買い取ってもらう業者が本当に信用のおける業者かどうかをチェックしておくことも重要です。

 

ネットで情報を得るのはもちろん、査定の際に会社の実績などをさりげなく尋ねてみるのも良いでしょう。

 

内容はもちろん、査定士が問いかけに対してどのような反応を見せるかも合わせてチェックするようにしましょう。

 

何気ない雑談の中でも、会社の様子や業績などはなんとなく分かるものです。査定に直接関係ない情報と思って聞き流すことはしないようにしましょう。

 

直接店舗に出向き、話をしてみるのも良いかと思います。そうすることで、会社の様子をある程度把握することができます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です